会社設立に際して

Permalink

これは自分達が今から設立をしようと考えている会社の設立形態により異なりますので、それぞれの設立をしようと考えている会社の形態毎においてのあり方毎に考えていく必要性があるものと考えられます。
今のところとしては会社法上、株式会社・持分会社(合名会社、合資会社、合同会社の3種類があります)という文字を、会社設立時において商号の中に用いなければならない義務がありますので(会社法6条2項)、それを行って商号を決めたうえで、株式会社あるいは持分会社としての設立などに取り掛かるというようなカタチになります。

つまり、まずは自分(達)が設立をしようとしている会社そのものの商号を定めなければ、会社を設立をさせたりする事自体が出来ないという事をこれは意味する事になります(同法6条1項等)。そのうえで、まずは株式会社の場合にはその設立の発起人が設立時発行株式を1株以上全ての引き受けを行う必要性があります(同法25条1項1号、2項等)。

一方、持分会社の場合には、その設立をしようとする本拠地において登記をしたうえで(同法597条)、その社員になろうと考えている人達が定款を話し合いながら作成をし、その全員が承諾をしたうえで署名あるいは記名押し印などを実際にあるいはインターネット上での電磁的記録の方式などにおいてこれを行って完了をさせたりしなければなりません。それから設立面においてのそれぞれの会社形態においての、設立資金の話の流れとなります。

参考資料 > http://www.adiretax.jp/
税理士による会社設立の支援が受けられる会計事務所のサイトです。